2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京商・ロータス ヨーロッパ製作中

いつも通り、前回の更新から日が空いてしまいました

いつも沢山の方にご訪問頂いているにも関わらず、申し訳ないですm(_ _)m
今更ながら「ブログを書くのは難しいな~」と痛感しております(^^;)

最近はなかなか完成品のアップも出来ていないので、そろそろ頑張らないとマズイですね

さて、今日は↓現在製作中のロータスヨーロッパの製作記になります!

DSC04694.jpg
ブロブのメールフォームよりご依頼いただいた物なのですが、
こちらのロータスヨーロッパ絶版のレア物ボディと言う事で、依頼主様も入手に苦労されたそうです。
そんな貴重なボディなのでいつも以上に失敗は許されず、かなり緊張しながら製作していたら予定を大幅に遅れてしまい・・・

現在、依頼主様に大変ご迷惑をかけてしまっております。本当に申し訳ないですm(_ _)m
ですが私に製作をご依頼くださる方々は皆様寛大な方々ばかりで本当に助かっております。

では、本題のボディです!

↓は既に少し製作を進めた状態ですが(^^;)
フロントのリップ?チンスポ?部分のカットラインを少し変えてあります。
DSC03865.jpg
正直この作業にもかなりの勇気が要りましたが、実車をできる限り再現するとゆう私の拘りが手を動かしてしまいます(^A^;)
どちらかと言うとプラモ製作の様なポリシーのK.R.B DESIGNボディですが、
やはりポリカボ素材のボディでは限界があるのもまた事実だったりします。ホントはもっと加工したいのですが
基本私はパテ等での製作&加工はしない(「出来ない」←が正解)ので難しい所です(^^;)

ちょっと話がそれました、スイマセン(^^;)


今回カラーは「ロータスと言えばの」黒に金ラインカラーです!

このライン塗装がなかなか難しいのですが、今回は私なりのやり方を書きたいと思います。
↓はまたまたある程度進んだ画像です(^^;)
CIMG3659.jpg
実車の画像と睨めっこしながら、金ラインの太さは1mmに決定!
マスキングテープを1mmにカットして貼っていくのですが、コレの位置合わせもまた悩みどころです。

今回のヨーロッパは大体パネルライン等から金ラインまでの間隔が同じ感じなので、このパネルラインやプレスラインから位置を決めてマスキングしていきます!

こちらもまた実車画像と睨めっこして、ラインから金ラインまでの距離を大体で決めます(^^;)
そして大体パネル&プレスラインから2mmが良さそうなので、2mm幅にマスキングテープをカット
基点になるラインにそってボディ外側から貼っていきます。この外から貼ったマスキングテープが見印になります。
なのでできれば色の違う緑のマスキングテープの方がわかりやすいです!
CIMG3661.jpg
2mm程のマスキングテープなら結構曲がるので、曲線も「ぐにゃ」っと貼っていきます。

そして、ボディ裏から表に貼ったマスキングの淵にそって1mmのマスキングテープを貼っていきます!
CIMG3666.jpg
ちょっとわかり難い画像ですが、こんな感じで私は【右手にマスキングテープ】と【左手の人差し指】を使ってチマチマと貼っていきます!
本当は綿棒でやった方が良いんですが、私は綿棒の扱いが苦手なので指でやっちゃってます(^^;)
ただ指でやると、後から触った部分の脱脂をしないといけないので、さらにひと手間になっちゃいます。。。
(↑この時は丁度1mmのマスキングテープがあったのでそれを使ってます。)

そんな感じで各部マスキングしていきます!
CIMG3674.jpg

またこの方法がやり難い場所(湾曲が大きい部分等)は↓の様に
基点から等間隔に点を打って、それを見印にマスキングして行きます!
CIMG3675.jpg
私は窓枠など、いつもこんな感じで、マスキングしてます。

ちなみに↓の様な細かいパーツ部分等はプロッターのお世話になってます!
CIMG3677.jpg
CIMG3678.jpg

またサイドの金ラインは基点となる目印がヘッドライトとドアのパネルラインしかなかったのと
多少左右非対称だったので目検討になってしましました(^m^;)
DSC04571.jpg


そして今回、依頼主様のご希望で、私初のデカール内張をしました!
基本いつも私のボディはデカールなしの場合がほとんどですが、今回は初の挑戦と言う事で、
依頼主様には「失敗するかもしれません」と言う事もご了承いただいてます
CIMG3679.jpg
結果は塗装後ですね!

マスキング&デカール貼りが完了したので、まずいつもの【東邦/クリヤー】を塗ります
CIMG1640.jpg
今回は内張りがあるので少し多めに塗りました。

続いて【タミヤ缶/ブラック】で塗装します
↓塗装完了後。
DSC04573.jpg
ここでようやく全体像が見えてきますね!

次は金ラインの塗装なので、マスキングを剥がします!
もちろん、ここでいつもお約束のはみ出し
CIMG3685.jpg
各所はみ出しを爪楊枝で綺麗に整えて、少し【東邦/クリヤー】を噴いて金ライン塗装をします!

金ライン部分は【ファスカラー/ゴールド】で塗装します!
DSC04695.jpg

↓金ライン塗装後です!
DSC04582.jpg
もうすっかりロータスですね~♪(フロントからの画像がなくてスイマセン(汗)
金ラインは【ファス/ゴールド→シルバー→ガンメタ→ブラック】の順で裏打してます。

私は薄めの色の場合にはなんでも、裏打最後のブラックが出てこないようにシルバーの後にガンメタを塗ります!
シルバーの後に少しづつガンメタを塗れば、もし塗装や裏打の甘い部分があってもいきなりブラックを塗装するより滲みのダメージが少なくて済むので、1クッションのガンメタが必須です

そして、内張りデカールですが↓
DSC04583.jpg
特に滲みも無く、失敗せずに済みました!
今回はサイズが小さいので何とかなりましたが、これ以上大きい物になると難しそうですね(^^;)
この辺は不得意なので、綺麗に内張りしてあるボディ等作れる方はホント尊敬します!

続いて、サイド下部のシルバーの塗装→窓枠→メッキ塗装→クリア塗装となるのですが、
一気に書くと長くなりすぎてしまうので、続きは分けて書きます!


では、今日はこの辺で
スポンサーサイト

| 製作記 | 02時40分 | コメント:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。